make coffee

コーヒーの効果

コーヒーの健康への効果とは

コーヒーは昔から、飲み過ぎは健康によくないと言われていましたが、適量ならば逆に健康に効果があります。
例えばあまり良くないと言われているカフェインですが、なぜコーヒーがよく食後の一杯と言われているのかというと、カフェインには胃液の分泌を促し、消化を助けるため食後に良いのです。
コーヒーを飲むと眠気がさめるのは、苦いからだけではなく、心臓の働きを促し、血行がよくなることで、脳の働きが活発になるためです。
他にも、腎臓の働きや新陳代謝にも効果があります。
そして、運動前に飲むことによって、脂肪細胞の中に入って、脂肪を分解し、エネルギーに変える効果がある酵素を活性化させてくれるため、ダイエット等にも効果的です。
もちろん、カフェオレなどで、砂糖をたくさん入れると効果は薄いです。
そして、砂糖やミルクを入れなければほとんどカロリーは無いため、カロリーをほとんど摂取することなく、体も心も元気にすることができます。
もちろん、貧血の方にとっては、鉄分の吸収が悪くなるため、注意が必要ですが、飲み過ぎなければ大丈夫です。
昔は、ガンの原因になると言われていましたが、逆にガンの原因の一つである活性酸素を消去してくれる働きもあります。
確かに飲みすぎは良くないですが、1日3杯程度なら逆に健康に良い飲み物なのです。

コーヒーのメリット・デメリット

コーヒー好きな人もそうではない人も飲む機会は沢山あると思います。
職場であったり友人との付き合いであったり、はたまた趣味のひとつであったり。
そんな身近な飲み物のメリットとデメリットを紹介したいと思います。
まずコーヒーに含まれる成分で最も有名なカフェインですが、効果があるのは眠気覚ましだけではなく健康面でもとても効果があります。
理由はまだ解明されていませんが癌の発症リスクを抑えたり、内臓等の老化を防いでくれたり、アルコール中毒の予防や治療にも効果的ですし新陳代謝を促進させてさらに脂肪燃焼も同時に促進させるのでダイエット効果もあります。
こんな便利で優秀な飲み物ですが当然デメリットもあります。
空きっ腹にガブ飲みしてしまうとどうやら胃潰瘍、胃炎、下痢の原因になってしまうほかカフェインには強烈な利尿作用もあるので水分補給にあまり適せず、もし水分補給のつもりで摂ったとしてもすぐ小便になって排出されてしまうのでほぼ水分が補給されません。
他に歯が黄ばんでしまったり見た目に悪影響を及ばしますし妊婦が飲むと流産や胎児の障害リスクを増加させてしまったりあまりシャレにならない作用もあります。
ですが、メリットも多いので悪い面も知った上でコーヒーという飲み物に改めて関心を持ってもらえたらと思います。


おすすめWEBサイト 8選






2020/4/2 更新

『コーヒー』 最新ツイート

@a_____day

りおうさんの豆から栽培したお手製コーヒーのんで「うまいっす!!!」てアンタ エクスクラメーションマーク3つて こんなかわええ話あるか?

10秒前 - 2020年04月05日


@yukiusa_sryk

うちは原色めっちゃあるコーヒーカップでした!

12秒前 - 2020年04月05日


@AnoYo6si

「(コーヒー牛乳を啜ってる)」

16秒前 - 2020年04月05日


Copyright(C) 2015 make coffee. All rights reserved.