make coffee

焙煎の工夫

コーヒーの焙煎度によって味は変わります!

焙煎とは食品を乾煎りすることで、ローストとも言います。
コーヒー豆を焙煎することによって、加熱反応が起こり芳醇な香りが生じます。
煎りの具合によってコーヒーの味が変わるので、自分の好みに合った煎り方のものを見つけたいものです。
ローストの段階は大きく分けて3つ、浅煎り、中煎り、深煎りがあります。
浅ければ浅いほど酸味が強くなり、アメリカンスタイルのものができます。
逆に深くローストすることで苦みの強いフランス風、イタリア風のものとなります。
深煎りよりも深いローストになると、アイスやカプチーノが向いています。
焙煎の手順の方法はそれぞれ異なり、浅煎りの場合は火にかけてから豆がはぜる音が生じたらすぐに火を消して左右に振り、中煎りの場合は豆のパチパチとはじける音が4,5回続いたら火を消して余熱で好みの色になるまで降り、深入りの場合は多少はぜる音があっても過熱を続け、好みの煎り加減より少し手前で火を止めます。
自分の好みの煎り方を見つけることで、よりおいしい自分に合ったコーヒーをいただけます。

コーヒーの風味を引き出す焙煎の工夫と注意点について

コーヒーは豆を焙煎することで特有の風味を引き出すことができますが、同じ豆でも取扱いや焙煎の方法によって味が大きく変わります。
そのため、美味しい一杯を楽しむためには豆の特性を把握したうえで適切な方法で扱うことが大切です。
コーヒー豆は湿気や日光などの外部からの刺激に弱いので、風通しが良く日光が当たらない暗所に置く必要があります。
また、空気中の水分を吸収しやすい性質があることから、保管場所の湿度の管理にも気を配る必要があります。
焙煎に要する時間や火力によって仕上がりが異なるので、豆の品質に合わせて細かく調節することが風味を最大限まで引き出すための条件です。
コーヒー豆は同じ品種でも産出地や収穫する季節によって状態が変わることから、画一的な処理ではなく、それぞれの豆の状態に合わせた方法で丁寧に扱うことが大切です。
風味豊かな一杯を抽出するためには取扱いの方法を妥協せずに、こだわりを持ちながら慎重に手掛けるように心がけます。

『コーヒー 焙煎』 最新ツイート

@kawagoestyle

川越style倶楽部動画チャンネルBot▶︎episode1◀︎大正ロマンの香り高い『シマノコーヒー大正館』。懐かしくゆったりとした時間を自家焙煎コーヒーとともに楽しめます。 #川越 #kawagoe #喫茶店 #珈琲 https://t.co/wR9cWtjWO4

2分前 - 2020年03月30日


@typezer0sk

自家焙煎はやっぱ需要ありますね。 コロナ騒ぎがあってもコーヒー豆を自宅用で購入してくださる方結構いらっしゃいます。 コーヒー飲んで乗り切りましょ。 https://t.co/QULhBrT2Gr

5分前 - 2020年03月30日


@monosugo_bot

【コーヒー豆】コーヒー豆(焙煎前の生豆、以下同様)は、主に赤道から北緯・南緯25度までを範囲とした「コーヒーベルト」と呼ばれる地域で生産されており、生産国としては、ブラジル、コロンビア、ジャマイカなどが有名である。 #monosugo

9分前 - 2020年03月30日


注目サイト

目黒駅 賃貸マンション 2LDK 即入居

最終更新日:2017/12/8

Copyright(C) 2015 make coffee. All rights reserved.