make coffee

コーヒーダイエット

コーヒーダイエットの正しい方法とは

まず、なぜコーヒーがダイエットに良いのかというお話をしましょう。
一つは、カフェインが脂肪を分解し血液中に流してくれたり、基礎代謝を上げる働きがあるためです。
そしてもう一つは、コーヒーに含まれるクロロゲン酸という物質に、脂肪を分解する働きがあるためです。
この二つの効果のおかげで、ダイエットを可能にしています。
では、どのように飲めば効果的なのでしょう。
まず、量は1日5杯までとし、約3時間ずつあけて飲むようにします。
できるだけ、砂糖やミルクは入れないことが望ましく、80℃ほどのホットで入れましょう。
あまり熱いお湯でいれると、クロロゲン酸の効果が無くなってしまいます。
コーヒーの種類は、インスタントよりドリップのほうが、カフェインやクロロゲン酸を多く含んでいますのでお勧めで、特に運動前や食後に飲むのが効果的です。
ダイエットの効果があっても、あまりたくさん飲むことで、体に違う障害が起こる可能性もありますので、興味をもった方はその点に注意して挑戦してみてください。

コーヒーを活用したダイエット

コーヒーにはダイエットに効果的な成分であるカフェインとクロロゲン酸が含まれており、どちらも体内の脂肪を分解し、血液の流れを改善する効果が期待できます。
血液の流れが良くなることで、脂肪燃焼を促す効果が高まり、より痩せやすい身体にすることが可能です。
カフェインやクロロゲン酸を効果的に摂取するには、冷たいものよりも温かくしたものを飲み、身体を冷やさない方が、脂肪燃焼の効果がより期待できるようになります。
コーヒーを飲む頻度については、一日に5杯くらいを目安にして、三、四時間程度時間を開けて飲む方がカフェインやクロロゲン酸の効果を引き出すには良いとされています。
また、インスタントよりもドリップタイプの方がこれらのダイエットに効果的な成分が多く含まれていますので、なるべくドリップタイプを選ぶことが一つのポイントとなります。
その他にも、なるべくカロリーを摂取しないように砂糖やミルクを入れずにブラックで飲むこともダイエットにおいては重要です。

『コーヒー ダイエット』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mlanf8rd/superforum.org/diet.html on line 68

pickup


研修施設を幕張でお貸しします


2020/2/7 更新

Copyright(C) 2015 make coffee. All rights reserved.